健康で明るく生き生きと
やりたいことをやり
自分の足で行きたい場所へ行く
身体と心は風の如く爽やかに 健やかに
長く活動できるよう
今、できることは何だろう?

CONCEPT

コンセプト

年をとともに運動する機会が減り、動くのが面倒でいると、使わない筋肉や関節がどんどん硬くなり元気な人でも老化が加速してしまいます
特に慢性的な膝痛や股関節痛、腰痛の方はたいへん多く、完全に悪化してしまうと日常生活が困難になることもあります

でも、老化の下り坂を緩やかにすることは可能です

身体を積極的に動かして、柔軟性のある、強い身体をつくること

足腰が弱くなっていく中高年こそ継続的な運動が大切です
身体を積極的に動かすことは、筋力や骨を強くし、心肺機能や免疫力を高めますが、運動する利点はそれだけではありません
米国や国内の大学の運動・神経科学の研究によると
「運動が脳を鍛える」
「運動は、記憶力や集中力、思考力、判断力がアップし、脳機能を高める」など、論文が数多く発表されています
20~30分程度の軽い運動でも継続的に筋肉、骨格を動かすことで、脳幹が刺激されて脳内神経伝達物質が活性化し分泌されます。身体がスッキリし、気分がリフレッシュするとともに、同時に脳も活性化されるのです。 老化による脳の認知機能を衰えさせないためにはやはり手足を動かして、重力に負けないからだをつくることがとても大事なんです。

施術をうけること

運動することは大切ですが、体のコンディションが整っていない状態で、筋肉に負荷を与える筋トレや伸ばしすぎるストレッチをして痛めてしまう…
これは意外と多いケースです
運動不足で筋肉や関節が硬くなってしまっている場合には、急激に動かすのではなく、筋肉や関節を柔らかく可動性を良くし、運動するベースをつくって、個人の柔軟性や筋力に合ったプログラムで体力を高めていくことをおすすめします。


5年後、10年後のからだを若々しく、健康を保つために、
体づくりするのにいつから始めても遅すぎる、ということはありません。体力づくりや健康は小さな積み重ねで良い方へと変化していきます。今からできることを少しずつ始めていきましょう!

Bodywork contentes

メニュー

Blog

ブログ

menu